snowxのいろいろ雑記ブログ

雪のない季節にはサイクリング、雪のある季節にはスノーボード、一年通して家での筋トレやダイエット、そして日々思ったことなどを書いています。また、読んでおもしろかった本や使ってみて良かった物のこと、良くなかった物のことなども一緒に書いています。

読むのもいいけど、聞くのもいいです

こんばんは。

今日はトレーニングとサイクリングの間の日です。

ですから運動は無し、です。

 

明日はサイクリングの予定です、お天気次第ですが。 

私のサイクリングの前日はコンビニに寄ることから始まります。

目的は甘いパンを買うため。

普段は全く食べない菓子パンですが、サイクリングの前日だけは買います。

甘いパン、特にクリームが入っているパンはエネルギーになりそうな気がします。

ただ太っていくだけかもしれませんが・・・。

あとはエナジードリンク。

これはノンカロリーのものを買います。

甘いパンを食べていればノンカロリーを買ったところで意味はないかもしれませんが・・・。

最近はモンスターがお気に入りです。

アサヒ飲料 モンスターアブソリュートリーゼロ 355ml×24本

後は一応の補給食。

サイクリストならおなじみのコレですね。

井村屋 58g ミニようかん 煉 58g×10個

 サイクリングの途中の羊羹、美味しいです。

 

田舎住まいの私にはこの準備がとても大事なのです。

なぜなら、コンビニまで遠いから。

f:id:snowx:20200526203344j:plain

これは私の職場から最寄りのコンビニまでの距離です。

仕事終わってコンビニ寄るのに車で40分かよ・・・。

田舎は不便です。

 

さて、ここからが今日の本題です。

私の毎日の通勤時間は片道30分です。

毎日往復で1時間の運転をしていることになります。

都会に住まわれている方には想像できないかもしれません。

朝、会社に向かって運転していると前を横切るリスの影。

夜、帰宅途中でカーブを曲がった先に立っている鹿の姿。

日本には野生動物がいっぱいです。

 

話が逸れました。

通勤中のお話をしてみようと思っていたのです。

みなさん、通勤中何をしていますか?

ゲーム、読書、音楽鑑賞、動画鑑賞、色々と時間を過ごす方法があります。

しかし、私には音楽鑑賞くらいしかありませんでした。

運転中ですので・・・。

ラジオでニュースを聞こうと思っても、最新の音楽を聴こうと思っても、電波という高い壁が立ちはだかります。

山の中を走っていくので電波が届かないのです。

ずっと音楽を聴いていました。

しかし飽きました。

もともとそんなに音楽を聴く方ではありませんし。

そんな時に出会ったのが、オーディブルです。

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

  • 発売日: 2020/05/21
  • メディア: アプリ
 

 これだけは回し者でもなんでもいいので紹介文を書いてみたかった。

 

これ、いいんですよ。

運転中に本が読める、いや聞ける。

物語でもよし、ビジネスブックでもよし、通勤時間中という空き時間に本が聞ける。

見つけたときは本当に嬉しかったサービスです。

Amazon以外でも同じようなサービスがあるのも知っています。

しかし私はAmazonが大好きですので、これ以外を使うという選択肢はありませんでした。

 

書店よりも種類が少ないので、持っていない本しか聞きません。

大好きな池井戸潤のシリーズなどもありますが、自分で持っている本は自分の中で登場人物の声のイメージができていますので聞かないようにしています。

自分の作って持っているイメージと違うと入り込みづらいですから。

 

面白かったのはこれですね。

有頂天家族

有頂天家族

 

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

 あらすじや内容は書きませんが、とりあえず狸のお話です。

なんのこっちゃ、と思われた方は読むか聞くかしてみてください。

 

大好きだけど失敗したのがこれです。

新・平家物語 01

新・平家物語 01

  • 作者:吉川 英治
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: Audible版
 

新・平家物語 文庫 全16巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

 吉川英治も好きな作家さんでして、三国志や宮本武蔵、私本太平記などは持っています。

気にはなっていましたが、その長さゆえ手が出なかった新・平家物語がオーディブルにはあったのです。

最初は喜んでダウンロードしました。

しかし、やっぱり長かった・・・。

短いもので6時間、長いもので9時間以上あります。

全24巻・・・。

24巻て・・・。

 

他にも色々と聞いているのですが、使ってみて感じたことがあるのです。

 

声が大事。

 

聞きやすい声ってありますね。

私の場合、タイトルを見た後に本の内容紹介を読みます。

それで大体こんな感じの本かな、とイメージ出来たらサンプルを聞いてみます。

内容がどんなに面白そうでも、私の持つイメージと声が合わなければ購入しません。

毎日の通勤中に聞くものですからイメージと違うということでのストレスはごめんです。

私の場合は女性の声より男性の声の方が聞きやすいですね。

ですから私のスマホのオーディブルのライブラリは男性朗読者の本ばかりです。

 

一応言っておきますが女性が嫌い、というわけではありません。

女性歌手の歌も好きですし。

ただ、本の朗読だけは男性の方が聞きやすいですね。

あくまで、私の場合はですが。

 

さて、今日は通勤にオススメの本も書いておきましょう。

まずジャンルです。

先ほどは小説を紹介しましたが、通勤には小説よりも自己啓発本やビジネス書がいいと思います。

通勤時間は決まっています。

決まった時間で中断しやすい内容の本がいいと思います。

面白い小説ですと先が気になって車から降りるのがためらわれます。

私も先が気になって、帰宅後も車から降りずに先を聞いていたことがあります。

あくまで通勤のお供ですので、本が目的になってしまうのはオススメしません。

 

ビジネス書の中でもあまり表が多いものは辛いです。

これは電車などで通勤される方には全く関係ない話です。

あらすじ・解説の場所に

「本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)」

と書いてあるものは要注意です。

わかりやすくするために表が入っていても運転中は見えません。

聞いている最中に「表①を参照」と言われると、少し悲しくなります。

一度一生懸命イメージしてみたのですが、無理でした。

聞き流しながら「なるほどなあ」と思える本が通勤時間には向いていると思います。

 

最近私が聞いている本はこれです。

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

 少し長すぎるかと思いましたが、今日最後まで聞き終わりました。

「おお、なるほど!」という驚きがあるわけではありませんが、「うんうん、そうだよなあ」と共感できることが多い本でした。

良い人生とは何だっけ、と思ったら目を通す、もしくは聞いてみるといいと思います。

 

ライブラリに残っているものからビジネス書も紹介してみます。

多動力

多動力

  • 作者:堀江 貴文
  • 発売日: 2018/08/26
  • メディア: Audible版
 

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

 これは有名な本です。

ホリエモン、すごいですよね。

もちろん頭もいいんですが、行動力がすごいです。

どういった思考をしたらあんな生活ができるんかな、と思っていたところで見つけました。

時間も3時間12分と比較的短くて聞きやすい本ですね。

ちなみに先ほど挙げたThink clearlyという本は10時間26分あります。

頑張れる方はぜひ・・・。

 

最後にもう一冊だけ。

これは人間関係に悩んでいた時に見つけました。

今も定期的に聞き直しています。

私はこの本を聞いたおかげで楽になれました。

良かったら、どうぞ。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

実は前に「寝る前のお供(5月19日)」、という日記を書いた時からオーディブルのことを日記に書いてみたいと思っていました。

現代は情報が非常に多い時代です。

本を読まなくても色々な情報を得ることができます。

しかし、私は本から得られる情報というのは非常に有用である、と思っています。

私は本が好きです。

しかしあまり読まない人もいます。

読むのが面倒でも聞くのはどうでしょう?

本日は空いた時間にお手軽に知識を増やせるオーディブルを紹介してみました。

 

今日のコレ、日記じゃないですね・・・。